いいえ、です

着物や浴衣が未使用でさえあれば、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。
着ることによる傷みはなくても保管している間に経年劣化して、状態は確実に悪くなっていきます。
未使用だから絶対高値というわけでもなく、鑑定したときの状態が悪ければ価値はありません。
もし、未使用で今後着る予定がないという着物に心当たりがあれば、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。
着物買取エキスパートと言っても、着物と帯にとどまらず着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。
ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。襦袢を下着だとみるところが多く着用されたものは誰も買わないためです。襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。この際ですから、鑑定を受けるだけ受けてみましょう。
祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には形見分けできない着物は相当の枚数でした。
処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけで車で買取に来る業者も当たり前のようにあってびっくりしました。
着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と困り果てていたところで、それも感謝しなければなりません。
祖母が遺した着物があったので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。
私たちが何度も着るような着物や浴衣はなく、着ないまま持っているのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。
バリューをきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。
有名作家の作品や、有名ブランドの着物や浴衣はなかったので、提示されたのは全部まとめての値段でした。
佐賀県の着物買取のホームページ

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。
買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や浴衣や反物の証紙を添えて出してください。ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから決められた基準を満たすことについて公に証明している登録商標のことなのです。買ったときに証紙を捨てる方だの探しても見当たらないという方もいるようですが、次に売るためにも、ないと困るものの一つなのでなんとか探し出してください。着なくなった着物を整理したいと思いつつ、処分先をどうするか困ってはいないでしょうか。
それならネットの和服買取業者を利用すると手軽で良いと思います。
お店のウェブサイトから買取申し込みすると、宅配送料や手数料が無料というサービスもあります。
思い入れのある高価な着物を売るのなら、品物と相場の両方がわかる鑑定士さんがいる店を選ぶことが一番だと思います。もう着なくなった古い着物や浴衣や帯などが、我が家にはたくさん残っていました。
濃い色の退色が見られるものもあったのですが、そんな着物でも値段はつきました。
なんでも昨今は、ある程度のシミであれば、業者に染み抜きの専門家がいるので、問題視しないで買い取るそうです。
そうはいっても、シミがあれば買取額には響きます。最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電やパソコンを売るときと同じで品質を示すためにこうしたものがあるわけで、あるかないかというだけでものの価値は相当違ってきますから、着物や浴衣の一部と考えて一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。インターネットが普及した昨今では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、たやすく知ることができ、便利になりました。
ただ、どんなことにも言えますが、それなりの値段のする着物買取などは、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、ある程度の良し悪しを見極めてから、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。
思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、多少の手間は不可欠です。着ない由緒ある和服を買取に出そうと考えている人でも、量が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持ち込むだけで疲れてしまいますね。そんなことを考えているときは、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。
依頼主は電話をかけるだけで済みますが、業者が個々に定める分量に足りない場合は来てくれませんので、その時は宅配便査定(買取)を利用することになります。事前に電話で相談しましょう。