はじめてシステムトレードにチャレンジしてみた

デイトレードというのは、1日ポジションを継続するというトレードを言うのではなく、
実際はニューヨークマーケットが手仕舞いされる前に決済をするというトレードスタイル
のことを言います。
システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に即してテクニカルポイントが巡り
来た時に、システムが自動で買ったり売ったりをします。そうは言っても、自動売買プロ
グラムについては使用者本人がチョイスします。
スキャルピングに関しては、ごく短時間の値動きを捉えますので、値動きが一定レベル以
上あることと、売買回数が結構な数になりますので、取引を行なう際のコストが少ない通
貨ペアをターゲットにすることが大事になってきます。
スプレッドというのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の収益となる売買手
数料とも捉えられるものですが、FX会社それぞれが個別にスプレッド幅を設定していま
す。
現実には、本番のトレード環境とデモトレードの環境を対比させますと、本番のトレード
環境の方が「それぞれのトレードあたり1pips程度利益が少なくなる」と想定した方
がいいと思います。

システムトレードと言いますのは、人の心情であるとか判断を排すことを目的にしたFX
手法だと言えますが、そのルールをセッティングするのは利用する本人ですから、そのル
ールが長い間収益を齎してくれることはほぼ皆無だと思っていてください。
テクニカル分析をする時は、通常ローソク足を描き込んだチャートを使うことになります
。見た限りでは難解そうですが、完璧に読み取ることができるようになると、正に鬼に金
棒の武器になります。
購入時と売却時の価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社のみならず銀
行においても異なる名称で設定されているのです。しかもふざけるなと言いたくなるくら
いで、その手数料がなんとFX会社のおよそ200倍というところが相当見受けられます

「デモトレードをやってみて利益を手にできた」からと言いましても、実際的なリアルト
レードで儲けを生み出すことができるという保証は全くありません。デモトレードにつき
ましては、正直申し上げて娯楽感覚になってしまうのが一般的です。
デモトレードを使用するのは、総じてFXビが初めてだと言う人だと考えることが多いよ
うですが、FXの熟練者も積極的にデモトレードを行なうことがあると聞かされました。
例えば新しく考案したトレード法のトライアルの為です。

FX口座開設費用は無料になっている業者がほとんどなので、少なからず時間は要します
が、いくつかの業者で開設し実際に使ってみて、ご自身にピッタリのFX業者を選んでほ
しいと思います。
FXを行なう上で、外国の通貨を日本円で買いますと、金利差に従ってスワップポイント
が付与されますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うといった場合は、当然ながらス
ワップポイントを支払う必要があります。
FX取引につきましては、あたかも「てこ」の様に小さい額の証拠金で、その何倍もの取
り引きができるようになっており、証拠金と現実の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」
という名前で呼んでいるのです。
スイングトレードをする場合、トレード画面を閉じている時などに、一瞬のうちに大きな
暴落などが起きた場合に対処できるように、予め何らかの対策をしておきませんと、恐ろ
しいことになるかもしれません。
デイトレードのウリと言うと、一日の間に手堅く全部のポジションを決済するというわけ
ですから、損益が毎日明確になるということだと思われます。

XMの両建てについては「海外FXのXMは両建てOK!禁止ケースや両建て注文・解除方法まで徹底解説」をご覧下さい。