もっと早く英語に触れられていたらと何度も思った

言語の習得など新しいことを覚えていくことは、子供の頃の方が発達が早いと思うので幼児の早期英語教育には賛成です。英単語なども子供が電車や恐竜に詳しいように、新しいこととしてどんどん吸収していくと思います。
また、私自身が子供の頃から海外にいる友達の英語力の凄さを実感したことも多かった一方で、幼少期から英語教育を受けてこなかった私は、中学高校の英語でよく苦戦し、受験の時にも英語が足を引っ張ってしまったりと劣等感を抱くこともありました。
そのため、もっと昔から英語に触れられる機会があったらどれだけよかっただろうと何度も思ったので賛成にしました。私自身、将来子供ができたときには出来るだけ早く英語に触れさせたり、インターナショナルスクールでの教育も視野に入れたいと思っています。
メリットはやはり、幼児の吸収力の速さだと思います。新しいことをどんどん覚えていくのは子供だからこそ出来ることだと思うので大きなメリットとなると思います。また、発音やリスニングは短期的に身につけられるものではないと思うので、触れている期間が長いほど良いと思います。

デメリットだと思う点は、今の中学や高校の受験では文法が重視されることも多いので、ネイティブな英語が必ずしもいいように動かないこともあるのではないかなと思います。英語が聞けて話せるメリットは大きいですが、受験の時には返って苦しむ機会になるのではと思います。実際に私の友達で帰国子女の子がいたのですが、文法問題には弱かったりと受験英語には苦労していました。
https://www.gemcraft.biz/